読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS/Android向け放置系経営シミュレーション「絵本の中のサンドイッチ屋さん」を紹介!今週のおすすめスマホゲームアプリレビュー

編集部注目のスマートフォン向けゲームアプリを毎週レビュー!今週は、iOS/Android向け放置系経営シミュレーション「絵本の中のサンドイッチ屋さん」を紹介!

今週のおすすめはiOS/Android「絵本の中のサンドイッチ屋さん」!

「絵本の中のサンドイッチ屋さん」は、様々な具材を組み合わせてサンドイッチを作り、サンドイッチ店を経営する放置型のシミュレーションゲームだ。

主人公のルーイは人気レストランで腕をふるう料理人だったが、忙しくてまともにお客さんの顔を見れない日々が続き、落ち込んでいた。ある日、女の子から優しい味のサンドイッチをもらって元気を取り戻したことをきっかけに店を辞め、サンドイッチ店を開くことを決意する。

料理人としては一流でも、サンドイッチ職人としては新米のルーイ。サンドイッチの具材を仕入れるために農家や肉屋に交渉に行ったり師匠のもとで修業に励んだりと、奮闘の毎日を送る。

いつも一生懸命なルーイになりきり、オリジナルのサンドイッチを作ったりお店をデコレーションして、サンドイッチ店を盛り立てていこう!

まずはお店に並べるためのサンドイッチを作ろう。実際のサンドイッチ作りのように難しいことはなく、具材をパンではさんだら完成だ。

ここで覚えておきたいのが、パンと具材を取り扱うには「技術」が必要になるということだ。最初は技術のレベルが2しかないため、それぞれレベル1のパンとたまごサラダしか選べないが、ルーイが成長してくると具材の種類も豊富になり、サンドイッチの段数も増えてくる。

作ったサンドイッチは、「見た目」「味」「香り」「ヘルシー」「ボリューム」の5項目で採点される。ここでスコアの高いサンドイッチを作るために重要なのが具材の「相性」だ。

相性のいい具材を組み合わせることにより、サンドイッチをより美味しく作ることができる。逆に、相性の悪い具材を組み合わせると味が落ちてしまい、スコアにも影響してくるので、組み合わせの段階からよく考えてサンドイッチを作ろう。

プレイしてみた印象だが、例えば「レタス×スプラウト(葉物系)」や、「ゆで卵×たまごサラダ(卵)」など、同じジャンルの食材どうしの組み合わせは相性が悪いケースが多いようだ。

具材を重ねる順番をひと工夫して高スコアを狙おう スプラウトとレタスの相性が悪い

パンができたらさっそく店頭に並べてみよう。最初は客足が悪いので、積極的に通行人をタップして「声かけ」を行い、お店にお客さんを呼び寄せよう。お客さんはたまに「補充してほしいな」などと感想やアドバイスをくれるので、お店の経営に役立てることができる。

なお、売り上げはアプリを放置している間も入るので、商品を補充してからアプリを離れることをおススメする。

お腹が減っているお客さんを見逃さないように お客さんは感想やアドバイスをくれる

時間が空いたら師匠のもとで修業を積もう。ここでは具材を取り扱う「技術」のレベルを上げることができるので、作れるサンドイッチの幅を広げることができる。

修業は「ラクチン修行」と「厳しい修行」の2種類がある。ラクチン修行は名前の通りとにかく簡単。机の上に散らばったスター(経験値)を指でなぞって集めるだけだ。ただし、もらえるスターは少量なので、より多くのスターがほしい場合は「厳しい修行」にトライしてみよう。

厳しい修行は上から落ちてくる具材をより多くパンに積み重ねたり、サンドイッチの入った紙袋がシャッフルされるのを目で追うなど、ミニゲーム形式になっている。最初は「厳しい」と言いつつもそこまで難易度は高くないため、気軽に挑戦してみてスターを集めよう。

「ラクチン修行」はとにかく簡単 「厳しい修行」では色々なミニゲームが楽しめる

より多くの具材を手に入れるためには定期的に開放されるミッション(クエスト)をこなす必要がある。基本的にクエストの多くは美味しい(スコアの高い)サンドイッチを障害物を避けながら依頼主のところまで届けるというものだ。

障害物にぶつかってしまうとサンドイッチを落としてしまい、依頼主に満足してもらえないので注意しよう。最初のほうは簡単だが、プレイを進めていくと時間制限が加わったりと難易度が上がってくる。

依頼主に満足してもらえれば具材の提供契約が結べる

他にも、他店とサンドイッチの美味しさを競う「コンテスト」や、新しい調味料作り、ストーリーが進む「重要ミッション」、お店のデコレーションなど、やりこみ要素が満載な本作。

特に、重要ミッションをクリアするとお店がどんどん立派になり、新しい機能も開放されたりするため、優先的に挑戦したいところ。

コンテスト 新しい調味料作り
重要ミッション 店舗のデコレーション

大きな人気店でお客さんの顔を見れない日々を送るより、たとえ小さなテントでも自分の料理を食べるお客さんの笑顔を見たい―。ほのぼのとした絵柄とは裏腹に、ルーイの熱い料理人魂が伝わってくる本作。

最初は荒れ地にポツンとたたずむ小さなテントからスタートしたルーイの店が、徐々に店舗を構えて客の足取りも増えてくるのが、まるで自分のことのように嬉しくなってくる。

今までの地位やプライドも全て捨て、ゼロから活き活きと新しいことに挑戦するルーイの姿は、子どもから大人まできっと好きになれるはずだ。

新鮮な具材をふんだんに使って店頭に並んだサンドイッチは、見ているだけでも美味しそうで食欲をそそられる。また、本作では具材だけでなく、オーブンで自家製のパンを焼けるため、こだわりの一品を作ることが可能だ。

サンドイッチ好きの人もごはん派の人も、食欲の秋には本作をプレイしてオリジナルのサンドイッチ作りに挑戦してみてはいかがだろうか。